にきび跡  ⇒ 大人にきびとにきび跡の凹凸にきび跡

大人にきびとにきび跡の凹凸にきび跡

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびの中でもやっかいなにきび跡として残るものとして色素沈着凸凹にきび跡とがあります。
赤く炎症を起こしたり(赤にきび)黄色く膿が溜まったり(黄にきび)した、いわゆる重症度の高い大人にきびを自分でつぶすなどの間違ったケアをしたり、あるいは大人にきびそのものの炎症が真皮にまで起こることにより、真皮層の細胞が破壊され、凸凹にきび跡、ひどいときにはケロイド状のにきび跡となってしまいます。
凸凹にきび跡は残念ながら現在の医療では完治が難しいとされていますが、一見目立たない程度まで症状を緩和することは可能です。
基本的にはレーザーや削皮術で隆起部分を目立たなくさせる方法、ビタミンC、A誘導体やケミカルピーリングで科学的に傷ついた真皮を皮膚の内側から回復させる方法の2つがあります。
また、人為的に真皮内にコラーゲンを皮肉注射して陥没部を隆起させる方法もありますが、コラーゲンが皮膚内で吸収されてしまうため、半年~2年ほどで効果がなくなるといわれています。