肌荒れ  ⇒ 大人にきびと肌荒れ

大人にきびと肌荒れ

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

肌荒れ(いわゆる乾燥肌・カサカサ肌)は、大人にきびと密接な関係にあります。
秋から冬にかけて寒さが増すと同時に、肌荒れに悩む人が増えていますが、なぜ寒くなると肌荒れが起きるのでしょう。
皮膚は大きく分けて、外側の表皮(角質層)と内側の真皮からなっていますが、気温の低下による乾燥や、洗顔などで表皮の脂分を取りすぎると、常に角質層の水分が蒸発していくだけでなく、角質層が水分を保持したり、蓄えた水分を逃さないようバリアする力、つまり保湿力が充分に機能しなくなってしまうため肌荒れがおこったり、大人にきびになったりします。
また同時に、外部刺激に対する保護機能も低下してしまうため、カサカサだけではなく皮膚が粉を吹いたようになってしまったり、痒みが起こることもあります。
これも肌荒れにあたります。
また、保湿が不十分で、機能を失ってはがれた角質が毛穴に詰まったり、むき出しになった毛穴に不要な物質がたまることで、大人にきびを引き起こしてしまうのです。
最近は、寒い時期だけはなく、夏でも冷房やエアコンのよく効いた場所にいることが多くなり、それによって皮膚が乾燥し、結果的に大人にきびや肌荒れにつながることも多くなりました。