アクネ菌  ⇒ 大人にきびとアクネ菌

大人にきびとアクネ菌

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきび(思春期にきびもですが)の原因となるアクネ菌
アクネ菌イコール悪者と思われがちですが、実は適度にアクネ菌が肌にいないと、肌は乾燥してしまい大人にきびをなりやすい原因になってしまうということをご存知でしたでしょうか?
アクネ菌は皮脂を食べて弱酸性の脂肪酸とグリセリンに分解し、この二つが肌表面に分泌されると、保水力の高い天然の弱酸性クリームとなるのです。
もちろん、エサとなる皮脂も適度にいないとアクネ菌は仕事になりません(顔の洗いすぎはダメといわれるのはそのせいです)。
皮脂を食べて弱酸性の脂肪酸は善玉菌代表の「表皮ブドウ球菌」(弱酸性)のエサになり、弱酸性では増殖できない緑膿菌などの病原菌から肌を守っているのです。
お肌は弱酸性、といわれるのは「表皮ブドウ球菌のせいなのです。
大人ニキビを予防するためにアクネ菌を減らすのは仕方ないのですが、実は全くいなくなるのも逆効果なのです。
くれぐれも、アクネ菌を全滅させないようにして下さい。