箇所別の大人にきび  ⇒ あごにできる大人にきびの原因について

あごにできる大人にきびの原因について

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

思春期にきびと違い、大人にきびはあごや髪の毛の生え際からフェイスラインにかけて出ることが多いです。
しかし、思春期にきびができやすいTゾーン(額、鼻など)は顔の中心部で皮膚温も高く、また皮脂腺も多いのに比べ、あごやフェイスラインは皮脂腺も少なく、皮膚温も低いはずなのに、なぜ大人にきびが出来てしまうのでしょう。
大人にきびの原因として挙げられる事は以下の4つです。

  1. 1.洗顔の時のすすぎ残し
  2. あごやフェイスラインに髪の毛先がかかる髪形をしている
  3. 気が付くと頬杖をついていたり、笑うときについ口元を隠してしまう癖がある
  4. 髪を洗った後に洗顔していない(シャンプー等が残っている)
また、最近の研究では、年齢によって皮脂量の多い箇所に違いがあることがわかってきました。
だいたい30歳から35歳をピークとして40歳代で、仕事を持っている女性に大人にきびができやすい傾向があるようです。