大人にきびの種類  ⇒ 白にきび

白にきび

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびの症状として、白にきび黒にきび赤にきび黄(化膿)にきびの4段階に分かれます。
大人にきびの中の白にきびについてご説明します。
白にきびは、大人にきびの中でも一番初期段階といってよいでしょう。
いわゆる、ポツンと白く(もしくは黄白色)見える大人にきびです。
白にきびは、毛穴の入口の角質が厚くなって閉じてしまい、それにより余分な脂分が表皮の下から外に排出できずに溜まってしまうことによって引き起こります。
また、放置しておくとどんどん悪化し、重症化(赤にきびなど)の原因となります。
硬い芯のあるものもあり、つい指先で潰したくなりますが、その後毛穴が開きっぱなしになってしまったり、にきび跡になる可能性もあるので、自分で潰すことは絶対に避けて下さい(これはどの大人にきびにもいえることです)。
白にきびができるということは、基本的な日々のケアがきちんとできてないというサインでもあるのです。
洗顔などの日々のケアを大事にすることで、白にきびが悪化する事はありません。
一度にたくさん出るようであれば専門医に相談することをおすすめします。