大人にきびの種類  ⇒ 黄にきび

黄にきび

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびの症状として、白にきび黒にきび赤にきび黄(化膿)にきびの4段階に分かれます。
大人にきびの中で一番重症度の高い、黄(化膿)にきびについてご説明します。
大人にきびの症状は、白にきび、黒にきび、赤にきび、黄(化膿)にきびの4段階に分かれていると説明してましたが、白にきび→黒にきび→赤にきびの順に悪化し、黄にきびは赤にきびがさらに変化(悪化)したものです。
赤にきびが毛穴周囲の組織から真皮に至るまで炎症を続け、それが悪化して化膿し、真皮内に膿が溜まって大きく腫れたものが、黄にきび(硬結性座瘡)です。
さらに重症になると、黄にきびが膨らんで破裂し、痛みを伴います。
化膿が進んで膿が出ていくことにより自然治癒する場合もありますが、大人にきびの重症段階である黄にきびは、治癒してもにきび跡(色素沈着や凸凹)が残ることがあり、非常にやっかいな大人にきびです。
また、症状も多様なので、一番有効なのは専門医による適切な処置と、日常のケアが大切です。