大人にきびの種類  ⇒ 赤にきび

赤にきび

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびの症状として、白にきび黒にきび赤にきび黄(化膿)にきびの4段階に分かれます。
大人にきびの中の赤にきびについてご説明します。
赤にきびは、大人にきびの中のトラブルレベルでいえば3にあたり、大人にきびの中期段階であり、一般的に広くいわれている「にきび」のことを指します。
赤にきびは、毛穴がふさがることでアクネ菌が活性化し、増殖する事で毛穴に炎症が起こり、赤く腫れ上がった状態のことをいいます。
いわば、毛穴が悲鳴をあげている状態です。
さらに進行すると、詰まった毛穴周囲の組織にまで炎症が及び、膿や痛みを伴うこともあります。
また、赤にきびを自分で潰すと組織に傷ができ、傷跡がケロイドやクレーター状のにきび跡になってしまい、治りにくくなってしまいます。
にきび跡にまで悪化した場合は、正しいスキンケアと平行して、専門医で診察を受けるようにしましょう。