大人にきびのケア  ⇒ 大人にきびのケアに睡眠

大人にきびのケアに睡眠

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

頑張って大人にきびのケアをしているのに、どうしてもうまくいかない時期があります。
どの化粧品やケアの仕方が良かったのか悪かったのか分からなくなって混乱してしまう、まさに「手詰まり」の状態です。
そんなときは、思い切って睡眠時間を増やしましょう
睡眠が、大人にきびをケアしてくれるとても重要な役割を担っています。
睡眠中、特に午前1~3時のノンレム睡眠(熟睡状態)のときに集中して、成長ホルモンや肌の新陳代謝に係わるホルモンが多数分泌されます。
成長ホルモンが重要なのは子供だけではなく、大人にも「脳からの新陳代謝を促す指令を各細胞に伝える」という、とても重要な役割を担っています。
但しノンレム睡眠になる前に、浅い眠りのレム睡眠が2~3時間必要です。
「10時までに寝ましょう」とはそういう訳なのです。
また、夜間は骨や皮膚に血液が多く循環します(逆に昼間は、よく使う脳・筋肉・消化器当に多く循環されます)。
ぐっすり眠って皮膚に血液が流れることによって、充分な酸素や栄養分が皮膚に行き渡り、新陳代謝が促されて健康な肌になるのです。
充分な睡眠を取ることで、翌朝目覚めると肌の調子がよくなるだけでなく、炎症が治まっていたり、出てきそうだった大人にきびが消えていたりもします。
とにかくたっぷり、ぐっすり眠りましょう。