大人にきびのケア  ⇒ 大人にきびがあるときのメイク術

大人にきびがあるときのメイク術

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびができてしまったけど、仕事などでノーメイクはどうしても無理、メイクで何とか隠してケアしたい、という人も多いことでしょう。
そんな時、どうしても大人にきびの上にファンデーションを厚塗りしてメイクしてしまいますが、べったりファンデーションを塗ってしまうと、大人にきびを含め肌に負担がかかるだけでなく、
なぜか異常に「老け顔」になってしまうので要注意です。
そんなときの救世主が、コンシーラーです。
どうしても隠したい大人にきびの部分(赤くなった部分)だけにコンシーラーを塗り、ファンデーションはなるべく薄くメイクするのがポイントです。
コンシーラーといってもいろいろあるので、赤みや大人にきび跡をカバーするためのコンシーラーを選びましょう。
他の目的のコンシーラーだと、大人にきびをかえって目立たせるだけでなく、大人にきびを悪化させてしまうことがあります。
また、市販の大人にきび専用メイクアイテム(下地からファンデーションまで)を一式揃えるのも、肌に負担がかからないので大人にきびのケアにはお勧めです。
くれぐれも、大人ニキビに厚く塗りすぎないよう注意しましょう。