大人にきびの治療  ⇒ 大人にきびと漢方(中医学)

大人にきびと漢方(中医学)

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびと漢方(中医学)の関係は?
漢方(中医学)では、大人にきびを含むにきびについて、どのように考えているのでしょう。
大人にきびは皮膚病ですが、漢方(中医学)では、内傷病として、体内の状態と深い関係があると考えられています。
体内で発生した余分な熱が、皮膚に影響を与えるといい、そこに外界の熱(風熱)の刺激が加わり、大人にきびができるそうです。
また、体内のバランスの崩れが原因の血熱・湿熱・痰湿などの病邪が、体の表(皮膚)を犯すことでできるとも考えられます。
そのような漢方(中医学)では、体内の熱が、どこにこもっているのかを見つけ、その熱を取り除いたり、体内のバランスを整えることで、余分な熱の発生をとめることが治療となります。
大人にきびの症状別に、治療に使う漢方薬が決められているのが、漢方(中医学)です。