大人にきびの治療  ⇒ ケミカルピーリングで大人にきびを治す

ケミカルピーリングで大人にきびを治す

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびの治療やケアなどで、ケミカルピーリングという方法がよく使われています。
小じわを減らし、くすみが消えることでもよくケミカルピーリングは、取り上げられていますが、一番よく使われているのは、大人にきび治療の現場(皮膚科です。
ケミカルピーリングとは、フルーツ酸(AHA)の一種である濃度の高いグリコール酸などを肌に塗り、角質に浸透させ、角質層の細胞間の接着力を緩めて角質を剥ぎ取る方法のことを言います。
角質を剥ぎ取ることにより、毛穴の出口付近の異常角化した角質がはがれ、たまっていた皮脂がスムーズに出るようになるだけでなく、酸の刺激で新陳代謝も活発になります。
通常、ケミカルピーリングの専門医では2週間おきに5~6回行い、2ヶ月ほどで効果がでます。
また、数回続けると新しい大人にきびができなくなって、大人にきび跡も消えます。
しかし、肌の状態によってはかえって大人にきびが悪化することがあるので、「ケミカルピーリング」の医師と相談しながら注意深く行う必要があります。
また、健康保険適用外となり、1回につき1万~1万5千円かかります。