大人にきびの治療  ⇒ 大人にきび原因のホルモンバランスとストレス

大人にきび原因のホルモンバランスとストレス

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびの原因とされているホルモンバランスの治療するため、ホルモンをコントロールする器官、視床下部に直接働きかけ、ホルモンバランスを整える方法もあります。
ホルモンバランスを整えるキーワードはストレスです。
ストレスを一時的に受けると、ストレスに打ち勝つ力を与えるために、視床下部はアドレナリンや副腎皮質ステロイドホルモンなどのいわゆるストレス適応ホルモンを分泌するように指令を出します。
ちなみに、このストレス適応ホルモンは、女性は副腎(男性ホルモンの生成もする器官です)、男性は精巣から分泌されます。
しかし、ストレスが長く続くと、本来なら視床下部は危機的状況がなくなったら、すぐにホルモン分泌を解除するつもりでいるのですが、ストレスが解消しないことでホルモンを分泌し続け、結果的に視床下部をはじめ脳下垂体やホルモン分泌器官などの、ホルモン分泌に関する器官の制御機能が麻痺してしまうのです。
つまり、副腎の制御が麻痺するとストレス適応ホルモンは出しっぱなしになってしまい、ついでに必要のない男性ホルモンまで分泌してしまい、体内のホルモンバランスはみるみる崩れ、大人にきびの原因となるのです。
視床下部に直接働きかけるということは、「ストレスを解消すること」なのです。
ストレスは、大人にきびの治療だけではなく健康そのものを害するものですので、早めに解消しましょう。