大人にきびの治療  ⇒ 大人にきびの原因とされているホルモンバランスの治療

大人にきびの原因とされているホルモンバランスの治療

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

ここでは、病院で大人にきびの原因とされているホルモンバランスの治療の流れをご説明します。
まず、血中の卵胞ホルモン(エストロゲン)や男性ホルモンの量を測定し、ホルモン値に偏りがある場合に「大人にきびの根本的な原因はホルモンバランスだ」と判断され、かつ「ホルモンバランス治療が有効なタイプの大人にきび」だと判断されたときに、ホルモンバランス治療が行われます。
ホルモンバランス治療には、黄体ホルモンを使って人工的な妊娠状態を作り、排卵を抑制して避妊する為の薬、いわゆる「中(または低)容量ピル」を用います。
ピルには黄体ホルモンの他、卵胞ホルモンも含有されているので、不足した卵胞ホルモン(=女性ホルモン)を補給することで、男性ホルモンの分泌を抑える、つまり「ホルモンバランスを整える」のです。
これにより、男性ホルモンによる過剰な皮脂分泌が抑えられ、不必要に皮膚が角質化されることがなくなると、表皮のターンオーバーに伴い、2~3ヶ月かけて正常な厚さの角質に戻り、最終的には「皮脂と角質」という大人にきびの直接的原因が排除され、症状の改善につながります。
但し、低用量であってもホルモン剤なので、大なり小なりの副作用がつきものです。
また、人によっては大人にきびが悪化したり、逆に効果がなかったり、また、ピルの服用をやめると再発する場合があります。
ですから、婦人科と皮膚科両方の知識と、大人にきびのホルモンバランス治療の経験の両方が豊富な医師に処方してもらうのがベストです。