大人にきびの治療  ⇒ 漢方薬で大人にきびを治療する

漢方薬で大人にきびを治療する

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびと漢方治療について考えてみます。
漢方治療(東洋医学)は、はっきり原因を見つけるのではなく、体全体のバランスを整えることにより、大人にきびができにくい体質に改善するのが目的です。
そのため、抗生物質などと違い、身体への負担はほとんどありませんが、効き目も緩やかなので、劇的な変化はあまり期待できません。
早い人で1週間程度、一般的には最低でも2週間服用した場合、新しい大人にきびのでき方が変わってくると言われていますが、人それぞれの体質や体調、季節や生活環境によって効果が異なります。
主に、十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)、ヨクイニン(ハトムギ)などが処方されることが多いようです。
また、ストレスなどによるホルモンバランスの崩れや冷え性などからくる大人にきび、ということも多く、体質や症状に合った漢方薬を服用すれば、大人にきびだけでなく他の不快な症状も改善されます。
漢方薬は、空腹時に服用すると最も効くといわれます(だから「食間に服用して下さい」という指示がでます)。
ですが、もし飲み忘れたときは気づいた時に飲んで下さい(飲まないよりいいです)。
漢方に詳しい皮膚科専門医だけでなく、他科でも大人にきびに効果的な漢方を処方してくれる、漢方治療に熱心なクリニックもあります。
漢方薬は健康保険適用ですので、安心して相談してください。