大人にきびの原因  ⇒ 大人にきびの外的要因

大人にきびの外的要因

>>>>繰り返し出来る大人のニキビの集中ケア<<<<

大人にきびの原因は様々な原因が積み重なって起こりますが、外的要因も、大人にきびの原因とされています。
外的要因としてあげられているのが、以下の3つです。

  1. クレンジングや洗顔不足、すすぎ残し
    肌の上に、落としきれないメイクやはがれた角質(=アカ)が残ったままだと、毛穴がどんどん狭くなり、やがて皮脂が詰まり、大人にきびとなります。
  2. 肌の乾燥
    大人にきびに悩む人の多くが、「カサカサしているのに大人にきびができる」と訴えます。
    何故なら、肌が乾燥することで、水分のない不要な角質がパイ皮のように肌の上にたまり、毛穴を詰まらせ、結果的に大人にきびの原因になってしまうのです。
    また、もっとも外的要因とされているのが紫外線です。
    紫外線を浴びることでも肌が乾燥し、同様に大人にきびの原因となります。
    年齢とともに、肌の新陳代謝が低下していき、「角質層のバリア機能が低下する」といわれていることから、大人は思春期と違って外部からの刺激を受けやすく、小さな大人にきびができやすくなるだけでなく、肌の再生スピードが遅くなり、痕が残りやすいので注意しなければなりません。
  3. 過剰なスキンケア
    油分の多いクリームや美容液の使いすぎで、皮脂分泌が増加してしまいます。
    シンプルなスキンケアを心がけましょう。